契約を解除した時には仲介手数料は必要か

ビル

不動産の売買をするときに業者の仲介をしてもらうときには、一定の契約を交わすことになるでしょう。
比較的軽い契約内容から、その業者にしか依頼をしない重い契約もあります。
内容によっては業者側も活動の意欲に差が出てくることもあるので、希望があるならできるだけ重い契約をした方がいいかもしれません。
一般媒介契約では、利用者は複数の業者に依頼ができます。
また、自己発見物件での売買も可能になります。
一方、専属専任契約の場合は自己発見物件での売買はできません。
あくまでも業者を通す必要があります。
業者を通せば業者に対して仲介手数料を払うことになります。
売買契約に対して、一定の割合が決められています。
もし、一旦契約をした後に解除をしたときにはどうなるかです。
解除されれば売買における金額も無くなります。
しかし、業者が仲介をしたことには変わりないので、売主や買い主の都合で解除した場合には仲介手数料が必要になります。

ビル